WAKO ペイント事業部はSDGsを推進しています

SDGs「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成されており、地球上の誰一人取り残さない(Leave no one behind)ことを原則としています。SDGsは発展途上国だけではなく先進国も共に取り組む普遍的なものであり、私たちWAKOペイント事業部・WAKOグループも、SDGs(持続可能な開発目標)の理念に賛同し、達成に向け積極的に取り組んで参ります。

SDGs宣言

私たちWAKO ペイント事業部は、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けた取り組みの実施をCSR方針として取り入れ 地球と社会の未来を考え、新たな価値の創出を目指しながら、持続可能な社会の発展に貢献していきます。

WAKO ペイント事業部の取り組みいついて

【溶出抑制型船底防汚塗料の製造コンセプト】

・一般的な製品と比べて化学物質の放出を抑え、環境破壊や塗装を行なう人の健康被害を最小化する船底塗料の開発・普及を通じて、水源や海洋の汚染が防止され、生態系が保たれた社会を目指します。


【水性建築用断熱塗料、水性建築用遮音塗料の製造コンセプト】

・一般的な製品と比べて、被塗物を使用する際のエネルギー効率を向上させ、気候変動の影響を軽減できる塗料の開発、普及を通じて、省エネルギーによりCO2の排出量が減り、地球温暖化が抑制された社会の実現を目指します。

・有機溶剤を使わず、環境破壊や塗装を行なう人の健康被害を最小する塗料の開発、普及を通じて環境負荷物質が放出されず、クリーンな水や大気が保たれた社会の実現を目指します。